ラブドールとは何か?を専門家が解説

弊社はラブドールやリアルドールの専門代理店として7年活動しています。

今回はラブドールとは?やラブドールの用途、ラブドールのメーカーやジャンル、種類、管理方法などラブドールに関することを初心者向けに網羅的に解説していきます。

ラブドールとは?

ラブドールは、性的な事に利用する人形のことで、

素材は人間を模したシリコンやTPE(熱可塑性エラストマー)などを利用します。

2020年以降から中国系のメーカーから高品質で低価格な等身大ドールが販売され

日本でも購入者が急増しています。

ラブドールの用途

実はラブドールは性的な用途以外にも、 撮影を楽しんだりや着せ替え人形的な用途での利用もあります。

例えば、写真撮影や、衣装を着せ替えることができます。実際に、ツイッターなどのSNSで、ラブドールを撮影した写真を投稿している人も多く見かけます。

また、ラブドールは等身大で作られているため、普通の人形と比べて迫力のある写真が撮れるというメリットもあり、衣装を着せ替えることもできます。

さらにラブドールには、様々な衣装が販売されているので、自分好みの衣装を着せて、自分だけのオリジナルのラブドールを作ることができます。

ラブドールのジャンル

爆乳 巨乳系ラブドール

パイズリなどの胸を使ったプレイを行いたいユーザーに選ばれるラブドールです。

アニメ系ラブドール

有名なアニメキャラクターに似せたラブドールです。

性的な利用はもちろんのこと、着せ替えや観賞用などにも利用されています。

ロリ系ラブドール

ロリ系ラブドールは、童顔で小柄な体型をしたラブドールのことを指します。一部のメーカーでは、アニメキャラクターのような特徴的な大きな目や、幼児的な外見を持つラブドールもあります

外国人系ラブドール

外国人系ラブドールとは、外国人の女性をモチーフに製作されたラブドールのことです。アジア系ラブドールよりもよりリアルな黒人や白人、中南米人など外国人の容姿を再現しています。一部のメーカーでは、有名な外国人アイドルや女優の顔に似せたラブドールもあります。

ラブドールのメーカー

日本はもちろんのことや中国、台湾、韓国などでさまざまなメーカーが存在します。

JYDOLL

JYDOLLは、中国で第二位のラブドールメーカーです。素材のTPEエラストマーは柔らかく、金属の関節も耐久性があり、ホールなどの各パーツが精巧に製作されています。また、肌色が透き通るようにきれいなことと、全体的に脚が長くスタイルが良いのが特徴です。顔もアジア系の美人顔が多いです。

SM DOLL

SM DOLLは中国高級TPE製ラブドール業界で立派なメーカーで

もとはドールハウス168(現Doll-forever社)に製品を供給していた製造メーカーが、独自に立ち上げたドールブランドです。そのため、製品の素材のTPEや新骨格(EVO骨格)などの品質は高いです。当社のオリジナルヘッド”Neri”はこちらに依頼して作成いたしました。

WMDOLL

WMDOLL、YLドールは中国最大のドール工場”JINSAN MANNEQUIN”が制作しているドールブランドです。世界で初めてTPE製のドールに採用したメーカーで、技術力はピカイチです。

素材の特性を、肌の質感の完成度も非常に高いラブドールメーカーです。

JarlietDOLL

2014年に創業した比較的新しいメーカーです。オリジナルにこだわっていて、ロゴマークには「他社のコピーは恥だ!」と表示して意気込みが感じられます。実際にサンプル購入しましたが、作りが細部まで精巧にできています(手の指や膝から下、肛門など)。また、肌が他のドールよりもきめ細かく滑らかです。

AXBDOLL

AXBドールは、可愛らしい顔のドールが特徴で、「独自のR&Dチームを持ち、製品設計に人間工学、技術革新および現代の美学を統合している」そうです。日本、韓国、ヨーロッパ、アメリカに輸出され、韓国にも工場があります。

6YEDOLL

6YE(六野)ドールは、細部までの造形のクオリティが高く(なんと肛門までリアルに作ってあります。)、骨格も軽く最新のものを使用しています。またヘッドもアジア系が中心です。現在は海外向け公式の”6YE Premium”から仕入れて販売しています。

QITADOLL

QITAドールは、広告会社と彫像および蝋人形の専門会社が共同で立ち上げたドールメーカーです。

同じデザインのドールであっても、褐色、白系、ピンク系と色を細かく分けてクライアントの要望に応えてくれます。

また、蝋人形を作っていただけあって、顔の造形のクオリティーが非常に高く、写真撮影用の引き合いもあります。

ClimaxDOLL

Climaxs(クライマックス)ドールは老舗ドールブランドで主にヨーロッパ系のドールを製作しています。いわゆる「ダイナマイトボディ」が特徴のドールメーカーです。

EXYEDOLL

SEXYEドールは、広東省東莞市にある2013年創立の従業員約150人のドールメーカーです。ドールは大半がTPE製にも関わらず、顔の造形が大変すばらしいのが特長です。Amazonなどで同じ写真を使った偽物が数多く出回っていますのでご注意ください。

SYDOLL

老舗のドールメーカーですが、最近、オプションで電動で動く機能を付けられるようになりました。

SinoDOLL

Sinoドールは中国のメーカーで、AV女優の天使もえさんともコラボレーションしており、

指のシワや血管、肌のシルキーさなどにもこだわったメーカーです。

SANHUIDOLL

SANHUIドールは、2010年設立のメーカーで、日本製の高品質の医療用グレードのプラチナシリコンで製造されています。シリコン製のため造形が大変リアルで、汚れなどもつきにくい性質があります。オーラル機能は有るヘッドと無いヘッドがあります。ヴァギナは固定のみとなっています。シリコンはTPEに比べてやや固めのため、各パーツに空洞をつくってジェルを注入する「柔らか加工」をオプションでつけることができます。

Dollhouse168

Doll-forever社は台湾のメーカーで、当初dollhouse168(ドールハウス168)としてブランドを立ち上げ、現在はDoll-forever ,Dollhouse168,Piper-dollの3つのブランドを持っています。体育座りや正座ができる”EVO骨格”が選択できます。(168EVOシリーズは新骨格のみ)

Doll-foreve

Doll-forever社は台湾のメーカーで、当初dollhouse168(ドールハウス168)としてブランドを立ち上げ、現在はDoll-forever ,Dollhouse168,Piper-dollの3つのブランドを持っています。こちらのPiperドールは、ヘッドがボディーと一体になっているのが最大の特長です。体育座りや正座ができる”EVO骨格”が選択できます。(168EVOシリーズは新骨格のみ)

Piper

このメーカーの一番の特徴は、なんといってもシームレス・ヘッドモデルです。頭とボディが一体化しているのです。通常、ドールは頭とボディが分離する構造ですが、継ぎ目を隠すため様々なアクセサリーなどをつけて工夫します。この点、シームレスヘッドモデルはその必要がなく、よりリアリティな仕上がりとなります。

RZRDOLL

RZRDOLL工場は2005年にハリウッド映画用のモデル道具メーカーとして中国に創業しました。”世界で一番リアル”な等身大シリコン製ラブドールを作っている会社です。特に血管・筋などの細部造形、皮膚の下の脂肪感や骨の存在を感じさせるライン、ボディコンセプトに合わせた肉感などにこだわっているそうです。中国製ラブドールの中では最高級品と言えます。

ラブドールの種類

フルボディ型ラブドール

頭部から足先まで全身が再現されているタイプのラブドールで、リアルドールに多いです。

トルソー型ラブドール

膝下がないラブドールのタイプです。

下半身型ラブドール

膝下しかないラブドールのタイプです、下半身フェチの方などにおすすめの種類です。

空気注入型ラブドール

空気を入れて、膨らませるタイプのダブドールです

ラブドールの素材

TPEのラブドール

TPEはサーモプラスチック・エラストマー(Thermoplastic elastomer)の略 で、日本語で熱可塑性樹脂ゴム弾性体いいます。シリコンより安く熱加工しやすいため、

ラブドールでも利用されています。

シリコンのラブドール

シリコン素材を使用して作られたタイプで、肌触りや質感はTPEより高くなっています。

ラブドールの管理方法

変形する可能性があるので、クッションなどを敷き寝かせて保存する必要があります。

そのため、人形の保管条件にご注意ください。