ラブドールやリアルドールの保管の注意点と収納の方法を解説

ラブドールやリアルドールを保管する際の注意点

注意する点は色移り、直射日光、保管姿勢、換気の4つになります。

色移り

着衣で保管する際は。赤や黒、紺色などの服を着せたままだとラブドールのボディへ色移りします。

着衣状態で色移りを防ぐには、全身にタイツを着せるか、肌色や白色の服を着用させ 定期的にベビーパウダーを塗りメンテナンスする必要があります。

どうしても色の濃い服を着用させたまま保管する場合は、衣裳を念入りに洗濯した後に着用させてください。

直射日光

ラブドールやリアルドールには、柔らかさを保つためにオイルが含まれており、

直射日光が原因で、ボディからオイルが染み出す現象であるオイルブリードが発生します。 そのため、ラブドールやリアルドールは冷暗所で管理する必要があります。

保管姿勢

ラブドールは柔らかいクッションやマットなどへ寝かせて保管する事を推すめします。

座り姿勢での管理はお尻や足が変形したり、膝や足の関節に負担をかけます。

また立ち姿勢に場合は、自立加工を支えるボルトの部分が露出してしまう可能性もあります。

関節部分はどうしても素材が柔らかくなるので、

※立ち姿勢には自立加工と呼ばれる、足の部分にボルトを設定する加工が必要になります。

換気

湿気が多い場所だと、カビが生える可能性があるので適度に換気が必要になります。

ラブドールの収納方法

ラブドールは以下3つの収納方法がありますが、可能なら寝かして保存する事をおすすめします。

寝かして収納

ラブドールの収納方法は、柔らかいマットを敷く事が一番おすすめします。

前述した通り足やお尻の部分に体重がかかりすぎると、ボディが変形します。 また、ソファーや床に置いたままだと色移りする可能性もあるので、白い布などで覆う必要があります。

立たせて収納

立たせて収納する際は専用のスタンドを用意するか、変形リスクがあるのでヘッドや足のパーツを外して収納する事をおすすめします。

座らせて収納

座らせて収納する際は、腰の部分をしっかりと支えるようにしましょう。腰を支えないと、ラブドールの重みで腰が傾いてしまい、部品の破損や変形の原因となります。専用のクッションを使用するか、手作りのクッションを用意するなど、腰をしっかりと支える必要があります。